MENU
×

MENU

お問い合わせ マイページ

トレンドメーカー20~40代子育てママの動向からブランディングを考える-6

さて、今回も私保育・教育業界専門コンサルタントの大嶽がトレンドや消費の中心でもある20代~40代のママの動向をヒアリングや最新の育児雑誌や情報誌から掴んでいきたいと思います。

生活事業ブランド「BenesseLifeSmile」が発行する生活情報誌「サンキュ!」では、女性の毎日の暮らしをサポートすることを目的として、今どきの女性たちの生活の実態や新たな流行のきざしをリサーチする「ママ生活向上委員会」を設立して、そのデータを公開しています。

9月1日に、子育てをするママ友達の集まり「ママ会」の実態について、6歳までの子供がいる25~39歳の主婦943名に対する調査結果の発表がありました。

今回は「ママ会で何を食べるか、飲むか、飲みたいか」という質問です。とても面白いデータです。

ママ会を行う場所として最も多いのが、「ママ友の家」次いで、自分の家、ファミレスと続きます。公園や喫茶店なども比較的多いです。そして、そこで食べるものとして多いのがスナック菓子やケーキだそうです。これは何となくイメージが沸きますね。

興味深かったのが、飲み物です。皆さんは何を想定しますか??私はコーヒーや紅茶だと思いました。なんと1位は、「ノンアルコール」だそうです。

理由は、「リラックスした気分になれるから」や「気分が良くなるから」といったものが多く、また、「家では普段飲めないから」という意見も多かったようです。

もはや「ノンアルコール」は飲料として完全に定着しました。特に女性には人気ですね。各社新商品を次々と投入しています。

また、人気の理由としては、味ではなく「雰囲気を味わう」というものが多いようです。よって、ママ会にはもってこいということです。さらに、この「サンキュ!」では、このようなママ達を、「のんあるママ」という名称で呼んでいます。

きっとこれからはこの「のんあるママ」の過ごし方やライフスタイル、飲み方などが話題になりそうですね。

このように、今までは考えられなかった「ノンアルコール」という領域。ノンアルコールビールなどはまさに「炭酸飲料」と「ビール」の中間業態。言わば、

ハイブリッド商品

です。

こういうものが次々と登場しています。炭酸でもないが、ビールでもない、炭酸でもあり、ビールでもある。

教育の世界でも最近、

・英語とダンスのハイブリッド
・言葉の習得と能力開発のハイブリッド
・英語と料理教室のハイブリッド


などのハイブリッド型商品が増えてきています。

英会話スクールであって、料理教室でもあるというものですね。
このハイブリッドとは、足し算ではなく、

A×B=C

であり、新しい分野を開拓できるとともに、相乗効果を生み出します。

そして、ママ世代をターゲットにしている企業様はこの「のんあるママ」をターゲットにイベントや商品開発をしてみると面白いのではないでしょうか?

是非今あるものを組み合わせたハイブリッド商品を検討してみてください。