MENU
×

MENU

行ってみないと分からない…。コミケに行ってみた!!

コンサルティングをさせていただいていると、様々な事例を見たり、訪問したりすることがあります。少し前の話ですが、今年のお盆期間の最終日に「コミックマーケット」に行きました。ご存知の方も多いと思いますが、年に2回東京ビッグサイトで開催されている巨大なイベントです。そのスケールの大きさからニュースなどでも取り上げられているので、以前から私も知ってはいましたが、ニュースで見るのと実際に行ってみるのとではまったく違うもので、その人の多さと熱気に圧倒されました。まさしく半端ではない人の多さ。

企業ブースではグッズが飛ぶように売れ、最終日ともなると売切れも続出していました。また同人誌即売会では所狭しとブースが並び(3日間でなんと35,000スペース)熱気にあふれかえっていました。そのような状況ですから、もちろん企業も目をつけており、画材の販売やシステムのデモンストレーションなども行われています。また、最近では漫画を描くのも、専用のソフトがありますし、無料ソフトを提供して新たなビジネスを見出そうとしている企業も出ています。

スポーツ飲料水や栄養補給飲料などの販売もされており、コミックマーケットに企業が注目するのも当然だなとつくづく感じました。別の場所ではコスプレの撮影なども行われており、これらによる経済効果は相当な金額になると思われる。そういえば、コスプレなども兵庫県のとある会社では、それ専用の武器を作っている会社がありました。元々は、看板屋でしたが、今はコスプレ専用の装備を作っているようで、それなりの金額であるにもかかわらずかなり売れているとのこと。

どのような市場に目を向けると自分たちの技術が受け入れられるのか、商売として成り立つのか…。まずは市場を知らないと話にはならないので、少しでも興味を持ったもの、何か新しいものを発見した場合には、とりあえず行ってみることをお勧めします。