MENU
×

MENU

お問い合わせ マイページ

その他

  • 会社設立から新規上場(IPO)までの期間が短くなる傾向に

    会社設立後3年未満で新規上場(IPO)する企業もありますが、2020年に新規上場(IPO)した会社の設立から上場までの期間は平均で約17年でした。 はじめに 以…

  • 新しいIPOのトレンド「TOKYO PRO Market」とは何か

    柔軟性とスピード感からいま注目を集める東証の第5の上場市場「TOKYO PRO Market」について説明します。 2020年は過去最多の上場数 みなさんは「T…

  • 逆風を追い風に2025年まで企業を存続可能な企業の経営戦略の8つのエビデンス②

    • その他

    前回に引き続き 今回も、2025年を目安とした経営戦略の8つのエビデンスに ついてお話します。第二弾は残り4つをお伝えできればと思います。 【前回のコラム】 h…

  • 逆風を追い風に2025年まで企業を存続可能な企業の経営戦略の8つのエビデンス①

    • その他

    2025年までにどんな経営者になっていたいか? 当然、経営者にも時間の有効期限があります。 そのゴールを創造していくことが 経営者がハッピーといえるのではないで…

  • 激動の2020年IPO市場はコロナによりどのような影響があったか

    新型コロナの影響の中、上半期は上場承認取消しが続いたものの、下半期以降の新規上場承認数の急増により、新規上場企業数は2019年を上回る見込み 2020年上半期の…

  • はじめてのTOKYO PRO Market~いま注目の東証第5の市場とは~

    有名ITベンチャー企業も上場するなど、最近注目を集める東京証券取引所第5の証券市場「TOKYO PRO Market」について説明します。 TOKYO PRO …

  • なぜIPOを目指すのか?地方企業、成熟産業にとってのIPO(新規上場)の本当の目的

    地方企業、成熟産業だからこそIPO(新規上場)を目指す理由があります。あの会社がIPOした理由は何か? 本社が東京以外のIPO(新規上場)の現状 本社が東京以外…

  • 東京証券取引所の市場区分変更がIPO(新規上場)に与える影響

    「マザーズ」や「JASDAQ」でIPOを目指していた場合、「スタンダード市場」や「グロース市場」での形式基準の変更点を確認しておく必要があります。 東京証券取引…

  • Withコロナの時代に考える、M&Aの「はじめの一歩」

    船井総研M&Aグループでは、WEB・実地を問わず、無料経営相談を実施しております。そのなかで、「はじめてM&Aに取り組みたい」というご相談をいただく機会が多々ご…

  • ホールディングス化を用いた成長戦略を考える上でのポイント

    皆様こんにちは。 船井総研の金融M&A支援部、財務・組織再編チーム・リーダー小松です。 全国的な緊急事態宣言が発表されてから現在に至るまで、早7ヵ月も…