MENU
×

MENU

お問い合わせ マイページ

店舗開発

  • 下位の商圏モデルを確立する

    本来、成熟した日本のマーケットにおいては、生産性(利益)を重視することが重要だと伝えました。つまり、より下位の商圏人口でも成立するモデルが確立できれば、それが可…

  • 自社ブランドが展開できるSCの数

    既存SCのリニューアル出店へのチャンスを考えた場合、既存施設においては売上、家賃などの基本的な数字が出ているのでここが判断基準になります。その際、施設売上の総額…

  • チェーン専門店における戦略的差別化

    船井総研では、チェーン専門店に対して、下記の8つの差別化要素を持つことが重要だとお伝えしています。 【1】立地 【2】規模 【3】ブランド 【4】商品力 【5】…

  • チェーン店が陥る30店舗の壁

    最近、急成長している専門店チェーンとお付き合いしはじめ、あらためて、店舗の出店スピードに店長(の量産)が追い付かない30店舗の壁を感じます。これら急成長している…

  • デベロッパーと共通の評価軸を提案することの重要性について

    チェーン専門店とSCデベロッパーが共通の軸を持って施設、店舗を評価できることが求められています。その評価軸は、大きく【1】月坪、【2】伸び率、【3】商圏人口の3…

  • 商業施設の評価とテナント出店のポイント

    専門店チェーンはそのほとんどが商業施設を主な出店場所としています。そのため、これらの店舗の業績は自社のMD以上に入居している商業施設の影響を受けやすいと言えます…

  • 商業施設のリニューアルで、新業態、新ブランドが上手くいかない理由

    商業施設のリニューアルは1年で10%の店舗入れ替えが理想とされています。実際には定期借家の契約に合わせてリニューアルを実施しますので5年で5割の店舗入れ替えを目…

  • アパレル大不況の原因を理解し、現状打破するためのヒント【4】

    ■日本の総合アパレル企業の出店の勘違い 「小売業は立地と規模によって品揃えを変える必要がある」このシンプルな原則をチェーンストア展開という言葉の呪縛にとらわれ過…

  • イオンモール岡山に見る新しい店のフォーマット

    • 店舗開発

    岡山の駅前、徒歩5分くらいのところ。 以前、林原の大きな施設や駐車場があったところです。同地を取得したイオングループが、西日本最大級のイオンモールを12月5日に…

  • 業界好調の裏で次々と開業するバリエーション豊かなホテル

    東京オリンピックの開催が決定し、アベノミクスによる円安誘導、さらには米国の景気回復のなか、東証1部に上場する企業(1,250社、金融を除く)の2014年9月中間…