MENU
×

MENU

お問い合わせ マイページ

男子会でわかるゆとり世代マーケティングのヒント

女子会は世の中のいろんなところで見られるようになり、今年もレストランや旅館、ホテルなどで女子会プランが人気だという話をよく聞きました。

でも女子だけじゃなくて男子があってもいいんじゃないと思っていたら、ついにでました。

男子会。

いまや男子会が人気のプランや企画になっているという話です。

あるホテルでは、1泊2日の男子会プランを企画し、ケーキやプリンを好きなだけ食べられる「スイーツプラン」や「飲み会」、「うたごえ」などのプランがあります。
一番人気は、なんと「スイーツプラン」だそうです。

ネット上で仲良くなった甘党のグループが、みんなでスイーツを食べにホテルに泊まりにいく……。かなりぴっくりのプランですが、そんなプランも成り立つ時代なんだとも感じます。

私は甘党の一人だと思いますが、男だけでスイーツをホテルに泊まりで食べに行くことはないでしょう。
そこまで男同士で甘いものを食べたくはありません。

でも男同士で行っている人の話を聞くと、
「女性と一緒だと気をつかうけど、男同士だと気をつかわず楽」とのこと。
ここが男子会のポイントなのですね。

いかに気をつかわないか。
おそらくこれがキーワードとなって、これから男子会はますます増えるように思います。

そもそも泊まりで男子会というプランでなければ、私たちは男同士の飲み会などはかなり頻繁にやっています。
気づいたら男だけという会は、まわりを見渡しても非常に多い。
基本的に男としか飲みに行っていない週もあるはずです。

だから男子会と呼ぶほどのものもないのですが、いろんなパターンの男子の集まりがこれから増えるように思うのです。
クリスマスも男子だけ、大晦日も、誕生日も。何かちょっとしたイベントは男だけでやろうぜという流れがいまあるのではないかと私は思います。特に20~30代男子に多いのではないでしょうか。

私は今、20代の、特に24歳までの「ゆとり世代」について研究しています。
彼らはマーケティングでは非常に難しい世代と言われています。
今までの価値観ではないまったく新人類という感じです。

でも彼らを知っておかないとこれから10年後、彼らが主要な顧客層になっていった際に困るのは企業です。
わからないからとほっておかずに、いまのゆとり世代研究をしっかり始めるべきです。
それがこれからの売上を作るもとになります。

男子会の盛り上がりも、このゆとり世代が引っ張っているのではないでしょうか。
男子会という流れから、彼らがのってくるキーワードが見えてきます。

いかに気をつかわずにすむか

これがひとつのポイントです。

気をつかわせないようにもちあげていくことがひとつのポイントです。
気をつかわせたら負けです。

ゆとり世代マーケティングのひとつのヒントにしていただければ幸いです。

ブランディング