MENU
×

MENU

船井アパレルジャーナル

船井アパレルジャーナルとは

同じような商品がどの店舗でも購入できる時代。
ただ情報提供をしていても売れない時代。
ゆるぎない商売の哲学がありますか?
お客様をひきつける商品やサービスがありますか?
お客様に認知していただくブランド力がありますか?

マーケットの大きな流れをつかみ、変化を感じ取ることが経営の基本。そして、お客様を知り、ライバルを知ることが成長への道です。船井流成功の3条件は1.素直、2.プラス発想、3.勉強好き。その心で会社をよくしたい!お店をよくしたい!という志のある経営者・リーダーの方はぜひご覧ください。

船井アパレルジャーナル

当ページに掲載のレポートは、完全無料コンテンツですが、レポートの閲覧の際にはパスワードが必要となります。
閲覧用パスワードのお申し込みは、上記「配信登録フォームはこちら」をご利用ください。 ご登録いただいたメールアドレス宛に、閲覧用のパスワードをお送り致します。

PDFファイルサイズ 16.1MB
2016年12月02日 公開
22 ページ

日本一のアパレル企業になる!

執筆者 : 経営改革コンサルティング事業部

株式会社DoCLASSE 代表取締役 林 恵子 氏

昨今の小売・流通を取り巻く時流は激変のひと言に尽きます。ディベロッパーも専門店も、イノベーションが求められています。厳しい現実に直面しながらも、成長の可能性を見出そうと、誰もが学び、挑戦をしています。そんな厳しい時代の中で、さらに成長を続けていくためには、自分たちの力だけでは限界があります。今こそ、ディベロッパーと専門店が手を取り合い、お互いに協力し合う。これからの時代に適応した新しいコンセプトが必要です。
(インタビューアー (株)船井総合研究所 上席コンサルタント 岩崎剛幸)

サンプルダウンロードはこちらから

ダウンロードはこちらから

PDFファイルサイズ 21.6MB
2016年10月12日 公開
22 ページ

街全体を次のステージに 愛情を持った店作りが テナント成功のポイント!

執筆者 : 経営改革コンサルティング事業部

東京急行電鉄株式会社 二子玉川ライズ・マネージメントオフィス 
チーフ 北村 多門 氏 チーフ 高木 慶太郎 氏

苦戦する商業施設が多い中で、持続的な好調をキープする二子玉川ライズ・ショッピングセンター。その好調の要因はどこにあるのか?専門店チェーンの多くは、そのほとんどが商業施設を主な出店場所としています。ディベロッパーの街集客!そのため、これらの店舗の業績は自社のMD以上に入居している商業施設の影響を受けやすいと言えます。専門店チェーンがなぜ高い家賃を払って商業施設に入居するかと言えば、集客に期待するからです。ディベロッパーは何を考え、集客しているのか。テナント企業に何を求めているのか。今月はディベロッパー目線で多店舗経営を分析します。
(インタビューアー (株)船井総合研究所 経営コンサルタント 丹羽英之)

サンプルダウンロードはこちらから

ダウンロードはこちらから

PDFファイルサイズ 21.6MB
2016年07月21日 公開
24 ページ

ローカル専門店の多店舗展開戦略 ~お客様の喜ぶことだけをやろう~

執筆者 : 経営改革コンサルティング事業部

株式会社フクダ  代表取締役社長 福田 勝也 氏

本社を茨城県ひたちなか市に構える株式会社フクダは、現在、イオンモールなどの商業施設に30店舗を展開している地方ローカルの婦人服専門店である。もともと地方の商店街の路面店からインショップへの業態転換を果たし、他社と一線を画した店舗作り、そして多店舗化と、時流に適応して順調に成長を続けている。代表取締役社長の福田勝也氏に、その秘訣と今後の地方専門店の展望についてお話いただきました。
(インタビューアー (株)船井総合研究所 上席コンサルタント 岩崎 剛幸)

サンプルダウンロードはこちらから

ダウンロードはこちらから

PDFファイルサイズ 11.7MB
2016年06月01日 公開
16 ページ

構造改革から成長戦略へ顧客との共創で付加価値がうまれる!

執筆者 : 経営改革コンサルティング事業部

株式会社TSIホールディングス  取締役 高野 茂 氏

新社長を迎え、構造改革がひと段落し、いよいよ成長戦略へと舵を切り始めた(株)TSIホールディングス様。『過去の成功体験から脱却して、新しい時代に適応することが何よりも大切』と語る高野氏。構造改革の中で、アパレルにも科学を導入し、徹底したKPI管理を行うことで、いかにこれまでの業務の無駄に気づく。また、成長戦略の柱としては、EC化率の向上と海外戦略。新たな目標に向けて、さらなる改革をすすめている。大切なことは、顧客とのコミュニケーションのあり方であり、キーワードはパーソナライズ。TSIホールディングスの“今”と “これから”の戦略をお伝えします。
(インタビューアー (株)船井総合研究所 上席コンサルタント 岩崎 剛幸)

サンプルダウンロードはこちらから

ダウンロードはこちらから

PDFファイルサイズ 31.9MB
2016年04月07日 公開
15 ページ

アパレル業界 キラリと光る企業インタビュー

執筆者 : 経営改革コンサルティング事業部

「すべての商品がロングセラーでベストセラーになるんですよね。アパレルにデータは重要です。 」
 日本ランズエンド株式会社 代表取締役社長 稲辺 裕樹氏

ランズエンドは1963年にシカゴで生まれた、ファッション通販ブランド。上質な素材と作りの、シンプル&クラシックなアメリカン・カジュアルを提供。試着サービス「楽替」、翌日届く「翌着」、いつでも返品保証で、通販の不安を解消し、顧客数を伸ばしている。ロングセラーとなる定番商品を軸に展開する商品MDは、長年のファンも安心・納得の品揃え。 今回はその商品開発と固定客化の秘密に迫ります。
(インタビューアー (株)船井総合研究所 上席コンサルタント 岩崎 剛幸)

サンプルダウンロードはこちらから

ダウンロードはこちらから