MENU
×

MENU

景気はレディスファッショントレンドから読める ~2014AW/2015SSトレンドは高揚感あるファッション傾向~

ファッションの世界では、特に婦人服では、早いところでは7月ぐらいから秋の洋服が店頭に並び始めています。「まだ夏のセール中では?」と思われる方もいるかもしれませんが、早い店ではすでにセールもしつつ、店の片隅で秋物を展開しているのです。

次をいちはやく提案する。

売れている店はこれができます。そのようなブランドがいま提案している秋冬物にどんな特徴があるのか?

今年の秋冬から来年の春の、特にレディスファッショントレンドには3つの特徴があるようです。

1.大きめ・ゆとり・たっぷりサイズ
今年はちょっと大きめサイズのコートやジャケットを着るというような、ぶかぶかのシルエットに人気が集まりそうです。

696_02

「彼女が彼氏の洋服を着た感じ」というのがとてもわかりやすいかもしれません。
大き目のシャツを羽織ったり、彼に借りたコートをワンピースの上にはおるなど、
女の子がちょっと大きめの洋服を着ると、かわいらしさが増しますね。
(この感覚が分からない場合は試してみてください)
このような着方が今年はよく見られそうです。

そのかわり中にあわせるワンピースは丈を短めにしたり、ヒールのある靴をはくなどして、より、女性らしさをアピールするためのものがよさそうです。
もちろんこの大きめサイズのアウターは、しっかりあわせないとかなりかっこ悪いので、
ある程度、コーディネイトに自信がないとやらないほうがいいでしょう。

2. 凹凸(おうとつ)感
最近のファッションの特徴でもありますが、立体的になる織り方や編み方の洋服がトレンドになってきています。
洋服に凹凸感がでてくると不景気から好景気に変わる という流れがあり、それまでずっと凹凸感のない、どちらかというと装飾を省いたような、シンプルなものがおおかったのですが、最近はもっと洋服そのモノのよさをだしたような素材や縫製が人気になってきています。
これは洋服の良さを再発見するようなことにもつながります。
ミッソーニのニットなども久しぶりに注目されるかもしれません。

3. もこもこ感
凹凸感、大きめサイズの延長にあるものでもありますが、もこもこ感のあるニットやバッグなど、長めの素材感のあるものがよさそうです。
毛足の長いニットなどをあわせると、これもまた女性らしさがでてくるため、これも今年のトレンドアイテムになりそうです。

バッグや靴などでも、もこもこ、ふわふわ、のものがよさそうです。
このように、今年の秋冬は、より 女性らしさ を感じさせるアイテムが人気になりそうです。
スカート人気が続いていることもこの背景があるからですが、今までメンズライクな、メンズテイストだけできていたものから、メンズテイストを一部とりいれて、より女性らしいラインをだすという方向にいきそうです。

岩崎 剛幸
株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント
経営者・幹部様向け/情熱経営・トレンドから学ぶ企業ブランディング
「組織は戦略に従う。戦略は思い(情熱)に従う」というコンサルティング信条のもと、出会うすべてのお客様に対して、情熱を込めたコンサルティングを行う。コンサルティングテーマは、「永続性を実現させるブランド戦略」。アパレル業界を専門領域として、アパレルメーカーの戦略立案、新業態開発を得意とし、SPA専門店、百貨店、GMS、品揃え型専門店にいたるまで川上から川下までのコンサルティングを実施している。現在はアパレル企業のブランド戦略づくりに特に力を入れている。立教大学兼任講師。 【ブログ】「丸の内で働く情熱コンサルタントのブログ」