MENU
×

MENU

WAY BOOK作りを通して考える企業のあり方

船井総合研究所は成熟社会での勝ち残り型企業経営のコンセプトとして「グレートカンパニー」を提唱しています。グレートカンパニーは日本語でそのニュアンスを表現すると「スゴイ会社」「素敵な会社」と表現することができると思います。なお、「スゴイ会社」「素敵な会社」は企業規模は問いません。小さくても賞賛されるスゴイ会社作りができれば、十分に勝ち残りは可能だからです。

船井総合研究所自身、創業40周年を迎えるに当たって、それまで提唱してきた「一番店づくり」コンサルティングから「グレートカンパニーづくり」コンサルティングに軸足を移し、会社のコーポレートコピー(タグライン)も「明日のグレートカンパニーを創る」と定めました。船井総合研究所はコンサルティング会社ですから、“お客様企業に将来グレートカンパニーに育って欲しい”、“私たち自身もまだまだ力不足かもしれないけれどコンサルティング業界においてグレートカンパニーと呼ばれる存在になりたい”と考えたわけです。

船井総研は強い理念と哲学を持った創業者である船井幸雄が作った会社ですが、彼が引退してから時間が経過し、創業者の哲学、思いなどを見聞きする機会、体感する機会もめっきり少なくなってきていました。そのような環境の中で、私たち自身の会社もグレートカンパニー創りへの挑戦を堂々と掲げていこうと社内でグレートカンパニー化プロジェクトを立ち上げました。プロジェクトは現在も継続しており、3年間で色々な取り組みを行うことができました。その取り組みの中で外部向けに一番力を入れているのはグレートカンパニーアワードです。毎年グレートカンパニーという表現にふさわしいスゴイ会社を発掘し、表彰しています。

そしてもう一つ注力している取り組みが社内でのWAY BOOKづくりです。WAY BOOKとは文字通り「我々が進む道」を可視化した小冊子です。一般的に企業は収益性の追求が避けては通れないわけですが、収益性の追求だけが前面に出ても社員は面白くもありませんし、やりがいも生まれにくいです。また、モチベーションも高まってはいきません。WAY BOOKは理念にのっとり、「我々らしさ」を大切にしながら、独自固有の長所に磨きをかけ、他社が追随できないレベル、ステージまで個性を際立たせていくための“最終的なあり方” “目指すべき姿”を自分たちの言葉で語ったものです。わかりやすく言えば、理念やクレドは進んでいく方向性を示すもの、とりたいスタンスを表現したものに近いものであり、経営計画などはいつまでに何を行ってどのような成果を実現していくものかを表現したものという感じですが、WAY BOOKでは、私たちが大切にし続けたいもの、失ってはいけないものを押さえた上で、楽しくやりがいのある会社作りをどのように進めていくのか、どのように考えていくべきかを取りまとめたものと言えましょう。船井総研のWAY BOOKはナナ総合コミュニケーション研究所の全国社内誌企画コンペティションでそのアイデアとユニークさ、取り組みがゴールド賞受賞と評価され、社員も大いに自信を深めました。

船井総研ではこの自分たちでも取り組んだWAY BOOKづくりを体系化しグレートカンパニー化マニュアルを作成しました。そして「われわれも船井総研のようなWAY BOOK~われわれが進む道~」作りを進めたいという企業のお手伝いも多く進めることができました。

経営者の思いのインタビューや社員アンケートからスタートし、自分たちの会社が持つよい社内文化、組織体質を理解しながら、これからのあり方を中堅幹部を中心に考えていき、文章化を進め約六ヶ月で1冊の小冊子に仕上げていくのです。それは自企業の経営ビジョンを補完しながら、経営計画との橋渡し役となり、組織に夢と勇気を与え、活力のある会社づくりを促進する有効なツールとして機能していきます。

PDCAや5Sなどの取り組みはやり方の精度をあげ、無理無駄のない「効率的な経営」を推進していきますが、WAY BOOKはお客様に対して自分たちが貢献できること、使命をまっとうするために何に取り組むかをブレークダウンし、わかりやすい言葉と図表で社員全員の一体感づくりを進めていき、あり方を社員に実感させ、より「効果的な経営」を推進していくのです。

中堅社員が自分たちで原稿を考え、経営トップにプレゼンし最終的に仕上げるという進行形式を採用しているため、中堅社員に幹部に登用する時に必要となる「全社視点」「お客様目線」を教育することにもつながります。自分たちの強みを磨きあげ、自分たちらしく活動し収益を上げていく新しい経営の姿がWAY BOOKづくりから体感できるのです。自分たちの会社らしさとあるべき姿をグレートカンパニー化プロジェクト~WAY BOOKづくり~の中で確認してみてはいかがでしょうか。

岡 聡
株式会社船井総合研究所 執行役員 上席コンサルタント
経営者・幹部様向け/流通業(メーカー・卸・小売)向け
入社以来、アパレルメーカーでの企画・製造・小売の総合的な知識に船井流マーケティングをドッキングさせ、ドラッグストア、ホームセンター、商業施設・商店街、食品スーパーなどの小売業の活性化、メーカー戦略、ブランド開発、商品開発、チャネル開発、新業態開発、営業部隊活性化、本社戦略・営業システム開発、マーケティング教育などをトータルに企画・コーディネートし、企業の経営企画をサポートしています。(経済産業大臣登録 中小企業診断士。日本商工会議所・全国商工会連合会 1級販売士。)