MENU
×

MENU

急成長する新規事業のヒント

現在の日本は、言わずと知れた縮小均衡市場です。それでありながら、商業施設開発は止まらず、完全にオーバーストアの時代に入ったといえます。まさしく大変な時代といえるでしょうが、逆の観点から見ると大きなチャンスが見えています。

現在、ディベロッパーのような貸し側は、空き店舗を埋めることで必死です。しかも、郊外、ショッピングセンター、駅前商店街、ありとあらゆる立地が開発しつくされ、物件的にはかなり選びたい放題になっています。

そのため、ビジネスモデル的に面白く投資回収が早いモデルができれば、無名で信用がさほどなくとも、一気にスピード展開ができる時代が到来しています。事実、私が知っている会社もわずか創業5年程度で数百店舗、売上100億円なんて会社も数社知っており、珍しくなくなっています。

船井幸雄は、1970年代からの急速に店舗開発が進んだ小売流通業の最盛期に、展開のキーワードは、ハイイメージ付き大衆商法だといっていました。これは、今でも当然通用する内容です。まず、急速多店舗化するには、メインターゲットを大衆に据える必要があります。もっと簡単にいうと、価格をお手軽な高くないところに設定するということです。

しかし、安かろう悪かろうではダメです。そこには、顧客が価値や満足を得るハイイメージの演出が必要です。これを今風にいえば、ライフスタイル提案型とも訳せるでしょう。今は昔と違いモノ余りの時代ですが、やっぱりお金があれば消費をしたいものです。同じ商品でも、コンセプトや店の雰囲気、提案によって売れるようになります。

今、話題のブルーボトルコーヒー。この企業の創業者は、日本の昔ながらの喫茶店におけるサイフォンコーヒーにヒントを得て、今風にアレンジして、大ヒットしています。別に新しいものではありません。しかし、そこに人はお金を落とします。時代はオーバーストアで厳しいと見るか、面白い展開ができる世の中と見るか、ものの見方によりますね。

菅原 祥公
株式会社船井総合研究所 執行役員 上席コンサルタント
経営者・幹部様向け講演/デューデリジェンス
どのような企業にも必ず“存在意義”があり、常に“長所を核とした成長の 種”はある】をモットーに、企業の三宝である「理念やトップのビジョン・戦 略」、「マーケティング」、「人・組織・マネジメント」そしてその結果としての 「財務」といった各要素を多角的に判断し、事業全体のデザインを再構築し ていくことをテーマにコンサルティング活動している。株式公開をはじめ、 事業再生や事業承継がからんだ事業計画立案、M&A案件にも多く関わっ ており、現在、船井総研の経営戦略コンサルティング部門を統括している。 ○主な著書 「最新ビジネスデューデリジェンスがよーく分かる本」 秀和システム刊 「図解入門ビジネス 最新中期経営計画の基本がよーくわかる本」 秀和システム刊 「経営の極意」 総合法令 刊(船井総研社員との共著)などがある