MENU
×

MENU

動画広告市場が2013年からの4年間で約5倍へ成長の予測

欧米のWEB動画広告市場は、2013年時点で4,000億円。4年後の2017年には1兆2,000億円に成長すると言われています。日本も同様に2013年時点での130億円から、4年後の2017年には640億円の約5倍まで成長すると言われています。

テレビ視聴率の低下や、スマートフォンの普及が進み、従来アプローチすることができなかったターゲットに対しての情報発信手段として動画の活用が注目されています。更に、動画広告が注目される中で、動画制作費用自体も低価格化が進んでおり、益々利用しやすい情報発信手段となっています。

大手広告代理店であるサイバーエージェントも2014年5月にはオンライン動画広告の専門組織である「Online Video Studio」の設立や、動画制作会社に対してのベンチャーキャピタルの出資などの動きが活発に見られています。これらは動画広告への注目の表れと言えるのではないでしょうか。

インターネットを軸とした企業に限らず、情報発信媒体としての動画の活用は有効な手段といえます。何か商品を紹介する際には、「1.現物を見せる」「2.動画で紹介する」「3.写真で紹介する」「4.文章で紹介する」「5.口で説明する」という手段が考えられます。当然のことながら、「1.現物を見せる」ということが最も効果的な手段です。次いで効果的な手段は、“動画”です。写真や文章、口頭だけで説明するのではなく、映像を交えて情報発信を行うことで、相手はその商品をイメージしやすくなります。

動画は様々な場面で活躍できるツールです。メーカー側・販売店側問わず情報発信の手段として取り入れてみてはいかがでしょうか?動画広告の市場規模拡大に伴い、動画の制作単価の低価格化が進んでいます。自社の商品を、より効果的に顧客に伝えるためにはどうすれば良いか?改めて考えてみてはいかがでしょうか?