MENU
×

MENU

ロジスティクスがつながってSCMに

■サプライチェーンマネジメント(SCM)とロジスティクスの違い
ロジスティクスは企業単体で顧客への効率的な商品供給体制を構築することでした。つまり一社で考える効率化です。サプライチェーンマネジメント(SCM)はそれより広い概念で、ロジスティクスを自社と取引先企業全体に広げて、ひとつの企業グループとして効率化を考えることなのです。つまり関係企業全体で考える効率化です。
それが必要とされる背景にはどのような環境があるのでしょうか。

■メーカー~卸~小売業のサプライチェーンをマネジメントする
サプライチェーンとは、日本語で言うと「供給連鎖」です。小売業を消費者への最終供給者とすると、さかのぼって存在する卸売業、メーカー(製造業)などがサプライチェーン上のプレイヤーといえます。

小売業者が発注するのは卸売業、卸売業が発注するのはメーカー(製造業)です。この発注と供給の仕組みをプレイヤー間で、無駄なく効率的に行うことがサプライチェーンマネジメントです。無駄なく効率的にとは、必要な量だけ、必要最低限の回数で、商品を供給するということです。

■一筋縄ではいかないサプライチェーンマネジメントの構築
言葉でいうのは簡単ですが、この仕組みづくりはなかなか一筋縄ではいきません。なぜなら各プレイヤーは独立した企業ですから、自社に有利になるような発注および納品方法をとろうとするからです。自社が有利になるというのは、自社管理の在庫はできるだけ多く持ちたくない、発注時間はできるだけ遅くしたいなどです。

結果として、供給側にとって物流効率が悪い【1】少量ずつ何度も納入する高頻度少量納品、【2】短納期納品、【3】緊急出荷対応などのムリが物流オペレーションにかかることになります。このようなことが多発すると、企業単体がロジスティクスの5適を達成するためには、様々なムリがかかってきます。例えば緊急出荷に対応するために、必要分以上の数量の在庫を物流センターで持たざるを得なくなったり、場合によっては在庫拠点を増やしたり、さらには少量納品に対応するために高コストの輸送方法を活用したりと、このようにムリはコストとして企業に跳ね返ってくるのです。

ひとつの企業として考えて効率化を図る概念ですから、サプライチェーン上のプレイヤー全体が効率化されるようなルール設定がサプライチェーンマネジメントを構築する上での肝になるのです。

■情報共有スピードとタイミングがリードタイムを決める
インターネットが発展している昨今のような時流では、情報の共有スピードの遅い早いが業績を決定します。

サプライチェーン上の情報共有スピードが遅いと、顧客への商品の到着自体が遅くなってしまいます。どのような状態かというと、1日目、顧客からの注文を受けるA社は顧客から13:00に注文を受けました。その日の17:00に全てのデータをまとめ、仕入れ先のB社へ発注データを送信します。2日目、B社は昼の12:00に他社からのオーダーを含めた全ての受注オーダーを締め、翌日に出荷できるよう出荷伝票、ピッキングリストなど準備をし、整った状態で現場に渡します。

3日目、前日に準備した出荷オーダーをもとに品揃えを行い、翌日到着する路線便で出荷します。4日目、顧客の手元に商品が届きます。このケースでは顧客の手元に商品が届いたのは、注文してから4日後のことです。これではロジスティクスのスピードが遅すぎて、企業としての競争力が保てません。この原因は各社間、部門間の情報共有スピードが遅く、共有のタイミングが悪いことによりタイムラグが発生しています。それが直接顧客への商品リードタイムに影響しているのです。

A社が13:00に注文を受けた時点で、B社にすぐにオーダー情報を共有できればB社ではすぐに出荷準備に取り掛かれるでしょうし、B社内ではオーダーが入った時点で、出荷現場に情報共有ができていれば、先に作業を開始しその間に納品書などを作成することもできるでしょう。それだけでリードタイムは2日短縮されることになります。

このように、リードタイムの短い長いは、物理的な物流のスピードだけではなく、情報共有のタイミングが大きく影響することを理解しておく必要があります。

■課題のあるロジスティクスは情報に人間の考えが入る
サプライチェーンの流れ、ロジスティクスの流れの理想の状態は、情報がリアルタイムで同期化されていることです。

つまりひとつのオーダーが入ったときに、関連部署に対して必要な情報がリアルタイムで届くことです。しかし完全にリアルタイムがよいのかというと一概にはいえません。もちろん入荷、出荷情報にも誤りがある場合もありますから、情報の垂れ流しは全ての情報が正確でないと前後工程の混乱が発生します。そのため一度オーダーを蓄積し情報を精査する時間が必要になるため、実際にはリアルタイムでの同期化は難しくなります。

これは情報の正確な流れをつくるという観点からやむを得ませんが、情報処理スピードを高めることによって、リアルタイムに近づけていくことはできます。 問題は情報が伝わる際に人の考えが入ることです。

このように計画には人間の考えをいれ、情報の流れからは排除する。ここがポイントになります。

廣田 幹浩
株式会社船井総合研究所 シニア経営コンサルタント
経営者・幹部様向け/物流コスト削減・業務改善・ロジスティクス
2006年大手物流会社から船井総合研究所へ入社、ロジスティクスグループへ配属。主に卸売業・小売業の物流効率化を得意とし、物流コスト削減コンサルティングはもちろんのこと、企業が拡大していくために生じる物流の壁を取り除き、「売上を上げるための物流体制」を構築することをもっとも得意とする。特にアパレル業の物流体制強化を得意とする。物流会社出身であることを最大限に活かした、戦略・戦術・戦闘レベル全ての段階のコンサルティングをこなす内容にはクライアントから大きな評価を得ている。物流分野においては、20業種以上の実績をもつ。