MENU
×

MENU

安さだけでは勝てない時代~ユニクロとマクドナルドの戦略[マーケティング戦略・営業戦略]

(株式会社シナプス 代表取締役 家弓 正彦)

100年に一度の大不況とはよく言ったもので、各社の業績見通しは軒並みマイナス成長ですね。暗いニュースばかりで、ちょっと辟易としてしまいます。

そんななかで、元気な企業を分析してみると…、

【ネット広告関連】
● カカクコム(+42%)
● mixi(+32%)

広告費の削減が進んでいる中ですが、さすがネット広告は元気なようです。
※mixiはSNS事業の業績

【安近短レジャー】
● オリエンタルランド(+13%)
● 任天堂(+9%)
● コナミ(+3%)

オリエンタルランドは、3度目の上方修正で、過去最高を記録。任天堂も、過去最高を記録。コナミは、為替レートの変更もあって、3%増と微増だが、ゲームソフトは好調らしい。

【低価格コモディティ】
● 日本マクドナルド(+5%)
● ファーストリテイリング(+18%)

※マクドナルドは全店売上、FRは国内既存店の業績

この2社とも、低価格コモディティの代名詞だが…。
上記の低価格コモディティに着目してみると、当然、この消費マインドが冷え込んでいるなか、低価格指向が強まっているのはもちろんのことなのですが…

しかし、よーく情報を見ると、ファーストフード業界では、マクドナルドに次ぐモス、ケンタ、すかいらーく、ロイヤル、いずれもマイナス成長なんですよね。

同様に衣料専門店でも、ポイント、西松屋、ライトオン、しまむら、ジーンズメイトこれらも、すべてマイナス成長…、完全に「独り勝ち」状態となっているわけです。

マクドナルドは、ご存じ「クォーターパウンダー」の投入。「ハッピーセット」も販売数新記録を達成したと…。

ユニクロは「ヒートテック」のヒットは印象的ですよね。実は、私も買いに走ったのですが、とっくに売り切れでした。(^^;

その他、ニットセーターやフリース地パーカーも好調だとか…。

結局、積極的な新製品の投入、その徹底した拡販展開が、功を奏したと言えそうです。

その他、好業績で飛ばしている企業…、ダイソー、ニトリ、ABCマート、などなど、どの企業も「安くて」かつ「特徴ある商品」「良い商品」を提供している企業といえそうです。

景況が厳しいなか、「安い!」だけでは勝てない時代ということですね。
「安くて」かつ「特徴がある」製品を積極的に発売していかないと、なかなか顧客は振り向いてくれない厳しい時代なんでしょうね。

…と、自社に叱咤激励しているのでした。。。

※各社のカッコ内は売上高通期予想前年同期比
(この記事は2009年4月17日に初掲載されたものです。)
【記事提供元】
INSIGHT NOW!(インサイトナウ)