MENU
×

MENU

日本の教育が大きく変わる!今、一番必要な教育とは?(2)

■長崎の教育先進校との出会い
ある方から、長崎県に「スゴイ生徒会を持つ私立男子校がある」とお聞きし、その見学をするため、学校説明会(オープンスクール)に参加しました。その長崎南山学園中学校・高等学校の説明会では、先生ではなく、生徒が積極的に動いている姿が印象的でした。説明会の司会、参加者の出迎えから席への案内、最後の挨拶まで、数十名の男子高生が主体的に動いていました。すれちがう度に、「こんにちは!」と元気に挨拶してくれ、その清々しい姿に、爽やかな感動がありました。

その秘訣が、学校の指針となる「長崎南山リーダーシップ」で、3つの視点で、挑戦されています。(図は長崎南山学園中学校・高等学校のHPhttp://www.n-nanzan.ed.jp/より転載)カトリック精神に根ざした奉仕型のリーダーを育成する「サーバントリーダーシップ」は、これからの新しいリーダー像を彷彿させますが、世界に通用するリーダーを育成する「グローバルリーダーシップ」に取り組んでいることが、今回のGLEが生まれる土壌となりました。

908_02

松下 和彦
株式会社船井総合研究所 シニア経営コンサルタント
大学、高等学校、中学校、小学校等の学校法人をメインフィールドとして、広報戦略・ブランド戦略の策定~展開サポート、改組に関するコンサルティング、教職員の現場変革等、多岐にわたりプロジェクト責任者として豊富な経験を持つ。現在、「日本再生は教育から」をビジョンに、日本を再生するリーダーを輩出する学校づくりに邁進している。教育関連の業界団体等での講演実績も多数。学校法人プロジェクトチームの統括者。最近では、学校再生&再建、独自化した学部・学科の新設、改組など、大型プロジェクトが増え、現在、新しい高等学校の設立支援に尽力している。