MENU
×

MENU

技能実習生制度による外国人人材の受け入れ

先日、ベトナムに行き、現地の日本語学校数校を訪問しました。
目的は「優秀なベトナム人の技能実習生を輩出できる日本語学校探し」です。
ご存知の方も多いと思いますが、技能実習生制度とは、「日本における職業技能を取得するための制度」であり、各国から日本企業が実習生として受け入れています。
職種は様々で期間は3年です。

この制度により、日本企業側は3年間で技能を教えることと同時に貴重な戦力・人材として活用でき、日本に来る外国人は日本の技能が取得でき、かつ、3年間で貯金もできる(当然、給料は出ますので)という面があります。

両方にとって非常に有意義な制度ですが、問題点としては、「一度、技能実習生として来ると、本来の目的は本国に帰ってその技能を生かしてその国の発展の貢献する」ということですので、日本で働くことができなくなります。
日本国内が深刻な人手不足になる中、この技能実習生制度による、外国人人材の受け入れを新たに検討している企業が増えています。

また、既に受け入れている企業でも課題点・問題点が出てきています。
今回のベトナムでの日本語学校の訪問はこの辺りを解決できるようなスキームを探るということが目的でした。

現状起きている問題としては

日本企業側からすると、
「技能を取得する、働くという意識の低い人しか集まらない」
「途中で逃げ出す(これが一番困るそうです)人が増えている」
「日本企業の風土・文化に馴染まない」
「日本語は来てから学ぶということではあるが、あまりに言葉が分からない」
「3年間の中で戦力になるレベルにまで育たない」
という面があります。

日本に来る外国人からすると
「単純作業ばかりで技能が取得できるようなことは教えてもらえない」
「当初、聞いていたのと条件(住居や食事など)が違う」
「自国の風習や文化を理解してもらえない」
という面があります。

これらのミスマッチを解決できるような現地の日本語学校は非常に重宝されています。それらの学校が取り組んでいることは以下のようなことです。
・日本語だけでなく、日本の風土・文化、日本企業で働くための立ち居、振る舞いも教える。
・日本企業側にも来てもらい、面談をした上で、人材候補を選んでもらう。
・3~6ヶ月前から、行くことになった職種にあった簡単は技能訓練も実施する。
・企業側・人材側の両方に対して、定期的な進捗確認、フォローを行う。
といった部分です。

日本政府の方針もあり、この技能実習生制度に関して、制度強化が図られてきています。
・実習期間を3年から最長5年に延長
・対象職種に建築業などが加わっていっている
・本国に帰国して数年間、現地企業で働けば日本企業でも働けるようになる
など、段階的に緩和されていくようです。

人材の国際流動化はますます、進んでいくものと思われます。

宇都宮 勉
株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント
経営者・幹部様向け/業績のあがる調査のポイント・海外成功法
これまでに、300件を超えるアミューズメント施設(ゲームセンター、カラオケ、複合カフェ、ボウリング場、複合アミューズメント施設など)の開発・活性化に携わる。大手チェーンから単独店舗まで幅広いクライアントに対して、新業態開発及び新店舗開発から社内体制強化、従業員教育までオールラウンドに携わる。 また、海外進出の支援から進出後の業績アップまで、特にアジア地域での活性化ノウハウは高く評価されている。進出前の視察セミナーでは、地元の企業・顧客のリアルな声が聞けると好評。